電気マン山田のちょっと、話、聞いてください

鉄道業界も常に進化し続けなければいけません

鉄道で未来を変えたい

鉄道もOODAとミッション・コマンドでお客さまに感動を

空飛ぶタクシーの開発競争が話題になっている。

イノベーションは年々勢いを増し、すでにモータリゼーションの常識を覆し始めている。 鉄道業界も呑気にしてはいられない。安全を確保し安心を提供するのは絶対だが、それを都合の良い口実にして今のままのサービスを提供するだけでは、やがてお客さまに選んでもらえなくなってしまう。

そのような危機感を抱いている中、一冊の本がを見つけた。

田中靖浩氏の「米軍式人を動かすマネジメント『先の見えない戦い』を勝ち抜くD-OODA経営」という本だ。

米軍の最新の戦法を手本に、目まぐるしく価値観が変わる現代社会で生き残るためにどのように臨機応変に戦っていくか書かれていて、目からウロコというか、鉄道業界もこのように変わっていけばもっと利用者が楽しく鉄道を利用できるな、などと想像が膨んだ。そんなアイデアを何点か挙げようと思う。

五感刺激で高価格プライシングを実現する(P.184)

田中氏は書籍の中で、価格競争を展開する現代の商戦を、いたずらに体力を消耗するだけの消耗戦と評し、価格を下げることだけに一生懸命になるよりも、「お客さんに意表をついたサプライズ」を提供することで勝負をしようと論じている。

お客さまの意表をつく方法として、五感に訴える手法が効果的であるという。

五感を刺激する車内を演出する

控えめな音量でクラシック音楽を車内に流し、上品な香りのアロマを漂わせ、昼光色ではなく白熱灯のような柔らかい色の電灯を使用し、ふわふわの絨毯でお客さまをおもてなしする特急があってもよいのではないか。

「OODAにミッション・コマンドを加えて『人を動かす』」(P.151)

田中氏は書籍の中で、最低限のルールのみ定めた上で、ミッションを達成するための手段はそれぞれの現場に委ねる仕組みが、機動的に動くために重要であると説いている。

"テイラー的に能率を追求する標準化は最低限の大枠に留め、あとはミッションのもとで各自の判断を許容する。それがビジネス外線を成功させる「選択と分散」の経営です。"(P.152 l5-6)

この考え方を鉄道に採用するとすれば、例えば駅長権限を今以上に拡大させ、安全を確保することを最低限のルールとした上で、お客さまにお出かけすることを楽しんでもらうことをミッション・コマンドとすれば、地域とタイアップした企画を駅ごとに工夫して打ち出せるようになる。駅ごとの特色が色濃く出るようになれば、話題にもなるし、利用するお客さまも楽しい体験ができるようになるのではないかと思う。

技術職の働く環境も、OODA+ミッション・コマンドで改善できる

技術職なら、各メンテナンスセンターの所長権限を拡大させ、それぞれの特色を色濃くすることができれば、技術職員に選ばれるメンテナンスセンターを作ろうという雰囲気が生まれ、職場の雰囲気や働く環境の改善につながるのではないか。

安全安心で快適なサービスを提供し、お客さまに感動を与えることをミッションコマンドとして、現場の権限を拡大させることで、お客さまを楽しませるためのアイデアが現場から次々に生まれ、収益拡大の機会も増えていくと思う。

鉄道業界も、危機感を持て

運輸業という独特な業種のもつ特色なのか分からないが、保守的になりがちな面があることは、働いていて実感することが多い。

運転の安全の確保に関する省令にもあるように、安全無くして鉄道事業を営む資格はなく、安全の確保こそ絶対に守るべきものである。

しかし、安全さえ確保できればいいのではなく、それを前提として、お客さまの予想を超えるサービスを提供し続け、お客さまに感動を与え続けなければ生き残れない。

そのための手法として、現場権限を拡大したうえで、ミッションコマンドにより各自の裁量と判断で動ける仕組みを構築すべきなのは鉄道業界も例外ではない。

OODAとミッション・コマンドで臨機応変に動くためのメソッドは、鉄道業界にも十分有効な手段だと思う。

映画「未来のミライ」に鉄道のミライを想う

 先日映画を観に行った際に、細田守監督の最新作「未来のミライ」のフライヤー(チラチ)を頂いてきた。「時をかける少女」で細田守監督の作品と出会い、以来同氏の映画が公開されるたびに楽しみにしてきた身にとって、今回の「未来のミライ」公開日を心待ちにしている。フライヤーをワクワクしながら読んでいると、駅設備に関する面白い描写を見つけた。

 

未来のミライ」物語のストーリー


「未来のミライ」予告3

 

 物語の主人公であるくんちゃんが、自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ少女ミライちゃんと出会う。ミライちゃんとの時空を超えた冒険で、家族の愛の形を知り、成長していくというストーリだそう。詳細は映画の公式ページを参照されたい。

mirai-no-mirai.jp

 

気になる駅設備の描写について

 劇場で頂いてきたフライヤーの見開きが下の写真である。

f:id:je1hfu:20180704230742j:plain

フライヤー見開き (c)2018スタジオ地図

 この見開きの背景は、未来の駅を描写したものと思われる。どことなく空港を思わせる雰囲気が漂っていて、個人的には遠くへ旅行に出かけるワクワク感を感じたが、この描写の中央に注目したい。

f:id:je1hfu:20180704232200j:plain

ゲートサインの言語がそれぞれ違う (c)2018 スタジオ地図

 ホームの番線と鮮明を示す看板をゲートサインという(参考:株式会社ジェイアール東日本建設設計事務所「コラム」)が、描写されているゲートサインをよく見ると、ゲートサインごとに言語が違うことがわかる。

f:id:je1hfu:20180704232908j:plain

2番線はアラビア語 (c)2018スタジオ地図

f:id:je1hfu:20180704232905j:plain

3、4番線は中国語 (c)2018スタジオ地図

f:id:je1hfu:20180704232850j:plain

5番線は日本語 (c)2018スタジオ地図

 

 2番線のゲートサインはアラビア語、3−4番線は中国語、5番線は日本語で案内が表示されている。
察するにこれらのゲートサインはLCDであり、時間が経過するごとに言語が切り替わる仕組みなのだ。
とても斬新なアイデアだと思った。ゲートサインをLCD化すれば、描写のように多言語表記によって外国人にもわかりやすい案内を提供することができるし、コンサート等の多客が予想される日には、そのイベント参加者向けの案内を表示させることもできる。地震や火災などの非常時には避難経路情報を表示させることで、迅速にお客さまを安全な場所まで誘導させることも可能だ。

 駅の発車標(次にホームに入線する電車を案内する機器)や、駅・電車内の広告媒体としてLCDを採用する動きが活発である。LCDは従来のプラスチックや紙媒体と比べ表現の自由度が高いことから、伝えたい内容を複数の言語で表現したり、アニメーションを用いて表現することができる。外国人観光客にとってもわかりやすい案内ができることから、インバウンドを見据える上でキーアイテムであると思う。同様に駅構内にある様々な看板をLCD化することにより、より快適なサービスを提供できるかもしれない。
鉄道業界に入って、看板はプラスチック製であるという固定概念に囚われていたことを、このフライヤーをみて気付き、とても驚いた。

電験と電気鉄道

電験電気主任技術者試験)とは

 電験という資格を聞いたことがあるだろうか。電験は「電気主任技術者試験」という試験の略称である。電気主任技術者とは、発電所や変電所、受電設備などの電気設備を保安監督するために必要な資格のことである。三種から一種まであり、取り扱うことができる電圧の大きさによって、種類が分けられている。(一般財団法人電気技術者試験センター「電気主任技術者って何だろう?」

 電気にはエネルギー輸送と情報通信の面で優れているという特徴があるが、とりわけエネルギーの輸送手段として電気を利用する場合、高い電圧(6千〜数十万ボルト)の電気を扱うことが多いため、電気設備の保守を適切に実施しないと、利用者が死傷したり、建物を損壊させる恐れがある。これを防ぐために、電気設備の保守監督は電気主任技術者の資格を持ったものでなければできないよう、法律(電気事業法)によって制限されている。

 

電験鉄道事業者の関係

 電車は、電力会社や自前の発電所から送られる電気をそのまま利用することはできない。

 電車の動力用の電気(「き電」という)としてどのような種類の、何ボルトの電圧の電気を用いるかは鉄道事業者の考え方によって異なるが、首都圏の在来線にはDC1,500V、郊外の在来線にはAC20,000V、新幹線にはAC25,000Vが用いられるのが一般的である(たわたわのぺーじ「電車の電化方式ってなに!?その2」)。

 き電に直流を用いる場合、直流変成器と呼ばれる交流の電気を直流の電気に変換する電気設備を導入する必要があるが、この設備は電気事業法の対象設備であり、使用電圧に応じて電気主任技術者の選任が必要になる。(電気設備に関する技術基準を定める省令第3条(適用除外)

 また、変電所から変電所に電気を送る電線のことを送電線というが、これも電気事業法の対象設備となり、同様に電気主任技術者の選任が必要な設備となる。

 このように、鉄道事業を営む上で電気主任技術者は欠かせない存在であり、電気設備に異常をきたせば運転継続が困難になることから、極めて責任の重い立場であるとも言える。

 

なぜ電験2種を受けようと思ったか

 過去の記事「鉄道が好き。人が好き」でも書かせていただいているが、僕は電気のもつ不思議な特性に興味を引かれ、電気電子を専門に勉強してきた。

 知識を深めるたび、新しい発見と新たな疑問が生まれ、のめり込むばかりである。だが、そんな不思議な電気を応用することで、電気鉄道というシステムが成り立ち、社会に貢献できるという鉄道の魅力にもとても魅せられている。

 僕の目標は、電気のプロとして常にその専門分野の第一人者であり続け、その知識を活かして鉄道利用者に常に安全、安心で快適なサービスを提供することができる、サービスのプロになることである。

 電気主任技術者試験の勉強を通して、関係法令や専門技術に関する知見を深めることが、技術屋としてのサービスのプロになるためには必要であると考えているので、電験2種の取得を目指すことにした。
 

勉強方法

 電験2種は1次試験で4科目、2次試験で2科目の試験科目がある。勉強方法を考えるにあたっては、ビルメンであるケンタさんが運営していらっしゃる、「電験1種の棚卸し」というページが非常に参考になった。

 勉強に当たって、参考書はオーム社から出版されている「電験2種徹底マスター」を使用することにした。 

電験二種 徹底マスター 理論

電験二種 徹底マスター 理論

 
電験二種 徹底マスター 電力

電験二種 徹底マスター 電力

 
電験二種 徹底マスター 機械

電験二種 徹底マスター 機械

 
電験二種 徹底マスター 法規

電験二種 徹底マスター 法規

 

 

 これも「電験1種の棚卸し」ブログの「電験2種に新たに登場した『徹底マスターシリーズ』を使える人たちが羨ましいと感じた話」を参考にした。

 仕事柄、徹夜作業が入ることも多いため、職場に4冊も本を持っていくことは実現的でないので、1日1科目を集中して取り組むことにした。スケジュールファイルを下に貼る。参考になれば幸いである。

 

自動券売機にも音声認識を導入するのはどうか

 音声認識人工知能の技術を用いて、声で弁当などを注文するサービスを開始するとのニュースがあった。(日経新聞2018.6.17朝刊

 注文したい旨を話せば、どんな商品をどこで受け取りたいのかを人工知能から尋ねられ、それに答えていくと注文が完了する仕組みだそうである。
 この取り組みは、デジタル機器を活用することで、減少傾向にある若者を取り込むことが目的であるが、音声認識人工知能の技術を券売機に導入すれば、目の不自由なお客さまや、券売機を操作することが難しいお客さま、機械の操作に不慣れなお客さまにとっても使いやすい機能を追加できるかもしれない。

 

人工知能音声認識)×自動券売機=?

 音声認識人工知能を券売機に組み込むことで、声による切符の購入や電子マネーへのチャージの他に、どんなことができれば面白いか考えてみた。

  • 目的地を喋るだけで最適な切符と交通経路を示してくれる
  • 旅行目的や日程を喋れば、最適なお得な切符を示してくれる
  • 降車駅付近の観光情報やグルメ、天気予報等を教えてくれる

こういうサービスを提供してくれれば、使いやすく親しみやすいものになるのではないか。土地勘のない場所に観光に行ったりすると、運賃がいくらなのか、券売機上の地図でなかなか探し出せなかったりする経験はないだろうか。どこに行きたいか喋るだけで切符の値段を示してくれるのは、小さいかもしれないが使いやすいと思うのだ。
 また、鉄道事業者によっては一日乗車券や同エリアの他社線も使えるフリー切符が販売されていることもあるが、一体どういう使い方をする場合はそちらの方が得なのか、わからなかったりすることもある。こうした際に、券売機にどういう日程でどこを回る予定なのか喋ることで、どの切符が一番最適か教えてくれたら、使いやすいとも思う。その際に、オススメのグルメや観光スポットなどの「余計なお世話」があれば機械っぽくなくて素敵だし、旅行者にとって思わぬ発見もあるかもしれない。

 お客さまの感情を理解することで、快適なサービスを提供できるかもしれない

 お客さまの感情を顔色や声色から判断し、適切なアドバイスや一言を添えるように工夫するのも面白い。
 国土交通省が2017年12月に公表した「遅延の『見える化』を開始!」によると、10分未満の小規模な遅延の47%は乗降時間の超過、16%はドアの再開閉、12%は車内で具合を悪くされたお客さまの対応が原因だという。
 券売機を利用されるお客さまが急いでいそうなそぶりを見せれば、電子マネーのチャージや切符発行の少しの時間に「電車はあとからも来ますので、無理して乗車しないでください」と声をかけることで、乗降時間の短縮や事故防止が図れるかもしれない。
 また、車内で体調を崩すことは誰にでも起こり得るが、体調が悪そうなお客さまだと人工知能が判断した時に、「少しでも気分が悪くなったら遠慮せず駅係員にお申し付け下さい」というように声をかければ、いざ車内で気分が悪くなりかけた時に、こうした言葉を思い出していただけるかもしれない。そうすれば、駅係員を頼ることができ、小規模な遅延の低減に少しでもつながるのではないかと考える。

自動券売機とのコミュニケーションを楽しむ

 音声認識技術と人工知能の発展によって、人間は機械とより自然な形でコミュニケーションが取れるようになってきた。券売機も、それまで切符を売ったり電子マネーにチャージする機械であったのが、コミュニケーションの相手としての可能性を秘めてきたのではないかと感じる。利用されるお客さまが、新しい話し相手とのコミュニケーションを楽しみ、沿線の魅力に触れられ、より快適なサービスを受けられる可能性が、自動券売機にも秘めていると思った。

震災発生時の駅のあり方について

 今日2018年度版「防災白書」が閣議決定された(1),(2)
 防災白書によると、災害が起きた時に自力あるいは家族に助けられて救出される「自助」に重点を置くべきと考える人が39%、隣人等によって救出される「共助」に重点を置くべきと考える人が24%に上っていることが明らかになっている。他方、消防や救急、自衛隊による救助などの「公助」に重点をおくべきと考える人は2002年の調査以来減少を続けている(防災白書pp.32)。2011年に発生した東日本大震災以降、市民の防災に対する意識が高まっていると指摘されている(1)
 
 注目したいのは、「防災に関して活用したい情報の入手方法」に関する内容だ。日経新聞でも指摘しているが、災害が発生した時に情報を得るために活用したい情報源は、世代を問わずテレビが一番高いという調査結果である(防災白書pp.34)
 震災が発生した時、インターネットは満足に使用できない可能性があるため、スマホで震災関連の情報を得られない可能性があるが、テレビなら視聴できる。そこで、震災発生時に鉄道を利用するお客さまに対して情報を提供するための手段として、もっとテレビを活用していいのではないかと思う。最近では行先表示器(列車の案内をするための電光掲示板)に、それまでのLEDに変わってLCDと呼ばれるいわゆる液晶ディスプレイを採用する鉄道事業者も増えてきた。災害等の非常時には、このLCDを活用してテレビ放送を表示させることで、お客さまに必要な情報をリアルタイムに提供することができないか。
 
 また、駅はその地域の拠点となりうるので、地域のコミュニティ向けの掲示板を積極的に設置し、普段からこれらを活用できるように整備しておけば、災害が発生した時に大いに活用できるメディアになりうると思う。
 かつて駅には伝言板と呼ばれる黒板が設置されていたと思う。携帯電話の普及等で伝言板の需要が減少したため撤去されていったそうだが、回帰の動きもあるようだ。それが、「シモキタ伝言板」と呼ばれる伝言板である。

shimokita.keizai.biz

「シモキタ伝言板」は「下北沢に住む人、働く人、遊びにくる人を繋げる」という目的で設置された。地域の人とのつながりや街自体の活性化を目的とした「シモキタ・コネクション」プロジェクトの一環で、下北沢にいる人なら誰でも自由に書き込むことができる。

地域のコミュニティを育むのに伝言板を活用するのは、一周回って新鮮な取り組みであると思う。これらの媒体を上手に活用して普段から地域コミュニティを醸成しておけば、災害時に円滑に「共助」することが可能になるのではないか。

 災害時に、駅を利用されるお客さまに適切な情報を提供できる仕組みを整え、地域社会の繋がりを築ける仕組みを提供することで、災害に強い社会が生まれ、より暮らしやすい街が形成される。そのために鉄道事業ができることはまだたくさんあるはずであり、それらをスピード感を持って実施することが鉄道事業者の責任だと考える。

 

 

読みたい本

コミュニティを問いなおす―つながり・都市・日本社会の未来 (ちくま新書)
 

 

新幹線も手荷物検査は必要

6月9日(土)午後10時ごろ、新大阪行きのぞみ265号の車内で、男が複数の乗客を刺し、3人が死傷する事件があった。
 
容疑者の男は精神疾患を患っていたとの報道もある。危険な行動をする可能性のある人物を乗せないようにすれば、このような事件が起こる可能性は下がるだろうが、そのような仕組みを作ることは困難であり、仮にできたとしても差別問題になってしまう。
 
しかし、手荷物検査もない現状では、刃物などの危険なものを容易に車内に持ち込めてしまう。これは、安全管理上不十分だと感じる。飛行機の場合は航空法によって危険物の機内持ち込みは厳しく制限されているが、鉄道の場合も、鉄道営業法と呼ばれる法律によって危険物の持ち込みが制限されている。
手荷物検査が増えることで、お客さまにも鉄道係員にも負担が増えてしまうことは否めない。たが人工知能の技術が発展してきた今、これらの技術を活用することで検査の自動化を推進でき、検査時間の大幅短縮につながるのではないか。とすれば、お客さまや鉄道係員にかかる負担を必要最小限にしつつ、より確実に安全を確保することができる。
 
安全の確保のために利便性を犠牲にしては本末転倒に見えるかもしれない。しかし安全の確保は輸送の生命であり、安全無くしてお客さまをご案内する資格はない。現在の最新技術を最大限活用し、お客さまにおかけするご負担を最小限にとどめ、安全確保のために打つべき手を躊躇せず実施することが、鉄道事業者の責任ではないか。
 

IoTを活用して運転士の体調管理支援を

要旨
 IoTを活用して運転士の健康状態をモニタリングし、安全な運行管理に役立てるシステムが開発された。運転士の体調が悪化した際の体調の変化をIoTデバイスを用いて遠方にいる運行管理者に自動で知らせ、運転士の状態確認、交代要員の手配を迅速に実施し、安全の確保に活用できる仕組みである。体調の異変を早期に検知することができれば、交代要員を迅速に手配し、運転士の交代がスムーズにできるので、お客さまへの影響を最小限にとどめることができる。運転士の心理的負担の軽減にもつながり、安全管理面で有効なシステムであることから、鉄道輸送業界でも積極的に取り入れるべき技術だと思う。
 

 2018年6月6日(水)付の日経新聞電子版に、IoTを活用して運転士の体調異変を早期に検知し、事故の予防につなげるシステムが開発されたという記事があった(1)

IoT:Internet of Thingsとは

IoT: Internet of Thingsとは、ありとあらゆるモノをインターネットに接続させて情報を取得できるようにし、それらのデータを分析して人間にフィードバックする仕組みのことである(2)詳しくはこちらの記事を参照されたい

開発されたシステムの概要

f:id:je1hfu:20180608163029j:plain

 イラストを描いてみた。以下のように運転士の健康状態をモニタし、異変があれば運行管理者に通知が発信されるようになっている。
①運転士の心拍数、体温を計測
②計測データを運行管理者に3G回線を使って送信(IoTデバイス
③計測データに異変があれば運行管理者に通知
④運行管理者→運転士に連絡し、事故を未然に防止
 
 
 熱中症もそうだが(関連の過去記事)、体調不良の予兆をとらえることは簡単なことではない。普段から自身の体調管理に努め、体調の異変を感じてすぐ申告し、事故を未然に防止することはプロの運転士として大切な仕事の一つだが、IoTを活用して運転士の体調をモニタリングし、異変を知らせてくれる便利な技術があるのなら活用しない手はない。
 このシステムを導入することで変化があるのは、体調異変の連絡がそれまで運転士→指令の一方通行から、運転士⇄指令の双方向になることである。このコミュニケーションの取り方の変化は大きい。自分から体調異変を申告するのはそれなりにストレスを感じると思うが、体調に異変をきたした時に指令から運転士に問いかけることで、運転士の心理的ストレスはかなり軽減されると思うのだ。
 
 運転士の体調不良で列車が遅れる事例は珍しいことではない(3)。運転士の体調不良は事故が発生するリスクを上げるので、代わりの乗務員が手配できるまで運転を見合わせることは正しい。しかし、IoTを活用したシステムを導入されていれば、運転士の体調異変はより早期に発見され、より迅速に交代の乗務員の手配が実施され、常務交代にかかる時間が圧倒的に短縮されていたかもしれない。
 
 電車を運転するのは人間である。人間であるから体調が悪くなることもある。だからこそ、IoTを有効に活用し、運転士を体調管理の面でサポートできる体制を整える必要がある。冒頭で紹介したようなシステムの導入は運転士の働く環境を改善できる可能性がある。安全確保の観点からも有効であると考えられ、お客さまに安全安心で快適なサービスを提供するために必要なシステムであると感じる。
 
 

参考文献
(1)日本経済新聞2018年6月6日(水)付電子版「運転士の異常、IoTで検知 福岡のエフェクト、事故防止」
(2)東洋経済ONLINE「『IoT』とは何か、今さら聞けない基本中の基本」
(3)産経ニュース2018年4月15日(日)「運転士体調不良で特急遅れ JR北海道
 
 
(C) 2018 Daichi YAMADA